Phase2:リハビリって何をするの?

もしもアナタが手術を受けたとすると、術後生活して行くうえで気を付けなくてはいけない点があります。
これは本当に気を付けないと後で自分が辛くなったり泣いたりする事になりますので、
充分気を付けて下さいね。

■腕や肩の運動障害■

乳房切除術を受けた場合に多いですが、ちゃんとリハビリをしないと腕が上がらなくなります(涙)
私も術後次の日からリハビリをやりましたが、術後は良いんですよ(苦笑)
ある程度傷が落ち着いて来た時にきちんとリハビリをやらないと、ホントに腕が上がらない!
私も途中からリハビリをさぼってしまったので、一時期上がらなくなりましたが、
今はちゃんとやったお陰で普通に上がる様になりました(苦笑)

■皮膚の知覚障害■

何て言ったら良いんだろう…要は感覚が麻痺してしまうと言うか。
術後半年位は腕を触られても感覚が全くありませんでした。
その後少しずつ感覚が戻りましたが、その戻る課程が結構辛くて、痛いんですよね…
痛いと言うかくすぐったいと言うか。
未だに二の腕を叩かれたりするとダメですね。
左胸も術後暫くは痛い様なくすぐったい様な感覚があって、お風呂でスポンジで洗うのも辛い位でした。
腕は何とかなりますが、手術した側の胸に関してはあまり感覚が戻っていないので、
生活する時はぶつけたりしない様に気を付けた方が良いでしょう。

■腕のむくみ(浮腫)■

これが凄く気を付けた方が良いですね。
脇の下のリンパを郭清した人は要注意ですが、腕が3倍位まで腫れてしまうそうです。
おまけに一度むくんでしまうと治らない…と聞きましたが、どうなんだろう?
とにかくそうならない為にも、下記の注意点を良くお読み下さい。

・重いモノを持たない。
・手術を受けた側の手に傷などを絶対に作らない。

■感染■

脇の下のリンパを郭清した方は充分気を付ける必要がありますが、
要はリンパ節がない訳ですから、感染に対する抵抗力が落ちます。
手や指などに出来た傷などから細菌などが進入する事によって感染しますので、気を付けて下さい。
腕がむくんでしまう原因になります。
手や指の感染を防ぐ為には下記の注意点を参考になさって下さい。

・針仕事などは出来ればやらない。どうしてもやる時が充分気を付けて!
・指のささくれなどが出来ない様にケアをする。
 どうしても出来てしまった場合は無理に取らないで、はさみなどで優しく処理する。
・虫刺されなども危険なので、虫除けを使うとか気を付ける。
・注射や採血などは手術を受けていない側からお願いする。
・動物を飼っている場合には、動物の爪をこまめに切るなどを忘れずに。
万が一引っ掻かれた場合にはすぐ消毒。
出来れば破傷風の注射は受けた方が良いかも?

どちらにしても、あまり神経質になる必要はありませんが、
生活して行く上で気を付けた方が良い事を書きました。
私自身、気を付けてはいますが…猫に引っ掻かれたりしています(苦笑)